学校法人旭川中央学園 旭川ふたば幼稚園学校法人旭川中央学園旭川ふたば幼稚園

1975年より旭川市豊岡にて幼稚園を運営しています。
保育園、幼稚園として地域に根差した活動をしています。

0166-33-6608受付時間 9:00~18:00

学校法人旭川中央学園 旭川ふたば幼稚園

ふたばのこだわり・保育方針

ふたば幼稚園の保育

『遊びを中心とした保育』
『こどもが主体となり、環境・遊びを通して心を育む保育』
この2つを基本に『遊び=幼児期の学び』と捉えて、五感を通して感じることを大切にしています。

そして何よりも育みたい力として『生きる力』を考え、『知識及び技能の基礎』『思考力、判断力、表現力等の基礎』『学びに向かう力、人間性等』を遊びを通しての総合的な指導として保育を行っております。

知識及び技能の基礎
遊びや生活の中で、豊かな体験を通じて、何を感じたり、何に気付いたり、何がわかったり、何ができるようになるか
思考力、判断力、表現力等の基礎
遊びや生活の中で、気付いたこと、出来るようになったことなども使いながら、考えたり、試したり、工夫したり、表現したりするか
学びに向かう力、人間性等
心情、意欲、態度が育つ中で、いかによりよい生活を営むか

ふたば幼稚園の環境

市内の園ではあまり無いような環境で驚かれた方、危険と思われた方も多いことと思います。

確かに危険性があるかもしれませんが、危険と思われるところには力がない子どもは登れない・行けないなど環境を工夫し、ハザードになるものは除去しながら成長に必要なリスクは残し、子どもたち自ら考えて遊ぶことを大切にしております。

ただし遊ぶ中で多少の怪我(擦り傷・打撲など)はしてしまうなどはあります。

すべての怪我を防ぐことが出来ませんが、小さな怪我などを経験して大きな怪我につながらないように子ども自身も気をつけられるようになってもらいたいと思います。

特に園庭では、水遊び・泥遊びなどもいっぱい経験し学んでもらいたいと考えていますので衣服など汚れて帰ることも多くあります。

園庭

当園では『遊び=幼児期の学び』と捉えて活動を行っており、子ども達には『自立心・自己肯定感などの生きる力』が育って欲しいと願っております。

それらの成長の為に保育を行っており、その中の一つの手段として『園庭遊び』があります。園庭は子ども達が1日の保育時間の30~40%を過ごす空間でありその重要性は高い物であります。
ですから、この園庭という空間をしっかり考える為に、5年ほど前からしっかりと整備するということで『園庭改造プロジェクト』がスタート致しました。

特に『遊べる環境』ではなく『遊び込める環境』を目指して行っております。

設計・施工はすべて一級建築士であり保育環境のアドバイザーの方に指導を受けながら制作をしております。

室内

各クラス担任の思いを大切にしながら、園庭と同様に『遊び込める環境』を目標に環境を作っており、導線を考えながら主にコーナを作り遊びが混在しないようにし集中して遊びを展開できるよう工夫しております。

各クラス違った環境構成ですが、思いは全クラス一緒で年齢に応じての環境構成となっておりまます。